« 完全復活なるか? | トップページ | 中村屋のラーメン »

2006/07/17

お母さんはあなたを誇りに思うよ

私はそう書いた手紙を 負けて最後となってしまった試合を終え 
おそらく最後まで他の試合を見てから帰ってくるだろう長男の机の上に置きました

     060717

担任であり顧問でもある先生のお話では 
市内の男子バスケは1校だけ特出して強いけれど 
あとはどこが勝ってもおかしくないという激戦区

練習試合では勝っていた学校に負けて
もうあとがない厳しい試合
それも相手は1校だけ飛びぬけて強い学校

「おまえの3ポイントで行くぞ」

長男が最初に3ポイントを決め みんなの動きも前回の試合よりは良かった
だけど 10本以上打った3ポイントもなかなか決まらず 
さらに張り切り過ぎたからか ファウル5つで退場となってしまった長男

「控えのメンバーも出して欲しいけど 出来れば最後までコートに立っていたい」

そう言っていた長男
図らずも最初の望みだけ叶ってしまった

泣いているのだろう タオルを頭からかぶって座り込んでしまった長男に
控えの子がウチワで扇ぎながらさかんに話しかけ慰めてくれている
その光景が胸に痛い

すごく頑張ったと思うよ
すごーく頑張ったと思う

頼みの3ポイントも思うように決まらず
退場になってしまったあの日の試合
確かに先生の期待には応えられなかったかもしれない

悔しいと思う 

でも 下を向くことはない
ベンチウォーマーからスタメン定着という
頑張って来た今までがある
来る朝も来る朝もまだ暗い冬の朝も
自主練だったにもかかわらず
一日も休まず黙々とシュート練習をした日々は決して消えない

もう2度と来ない中学時代にとても素晴らしい時間を過ごせたこと
それはきっと一生の宝物になると思う

最後に先生からのまとめのお話の中で 長男の努力を褒めて頂いて
さらに一人一人について良かった点などお話して下さった

「何を言ってくれたの」
と聞いたら
「今は言えないよ 思い出して泣いちゃうよ」
って泣かしてしまったのだけれど

帰って来てからも 色々と話をしてくれて
シュートを1回はずしたときはいいけど 2回はずすと気持ちが萎えてしまうし 
自分もミスはするのに 他の人のミスを見ると 何だよーと思ってしまう自分がいて

そういう所がまだまだだなって
心の問題だなって
それだけ分かっているなら これからもきっと大丈夫

高校に行ってもバスケをやりたい
そう決めた長男
勉強も頑張り バスケも頑張る
気持ちを新たにして前へ進んで行って欲しいと思う

バスケを始めた頃の気持ち
スタメンを諦めかけた時の気持ち
初めてスタメンになった時の気持ち

同じ3年生だけど 控えにいた人達の気持ち
スタメンをウチワで扇いでいるわが子と知りつつ
応援に来てくれたお母さんの気持ち

そんないろんなこと 忘れないでいて欲しい

バスケに対する考え方 部活への取り組み方
人それぞれに違っているから 思うように行かないこともあると思う
でも もうそれはその人の生き方だから
そんなことも考えながら自分の道を進んで行って欲しいと思う

手紙読んだよ
そう言ってくれて ありがとう

« 完全復活なるか? | トップページ | 中村屋のラーメン »

コメント

長男くん、ほんとよくがんばったね。
読んでいると私まで胸が熱くなり涙がこみ上げてきました。
たくさんの大切なことを学び得たと思います。
そしてともにがんばってきた仲間、いつも見守ってくれてる家族、
長男くんは幸せだね。
この先どんなことがあっても中学時代のことを思い出して乗り越えてくれる、
そんな強い人間になると思うよ。

りゆっちさん、こんばんは。

ありがとうございます。
私も自分で書いていて自分でジーンとしてしまいました(笑)

中学校まではこんなに運動を頑張れるなんて全く思っていませんでした。
そうなって欲しいという気持ちはあったけれど、強制するものではないと思っていたので、余計に嬉しいのだと思います。

次は高校受験です。こちらも頑張って欲しいです^^。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56927/10981088

この記事へのトラックバック一覧です: お母さんはあなたを誇りに思うよ:

« 完全復活なるか? | トップページ | 中村屋のラーメン »