« いい夫婦の日 | トップページ | 29歳のクリスマス »

2008/11/27

わたしの就職活動奮闘記

今は就職活動をシューカツって言うんだ~って丸井の婦人服売り場で見てふーんっ思ってたら、新聞にも書いてありました。

石田衣良さんの小説からの引用という形の記事を読んだその日に母から「今はシューカツって言うんだってね」と聞き、その夜、私は『池袋ウェストゲートパーク7Gボーイ冬戦争』と『40』を読み終えて、石田さんにお手紙を出したい!(今までも色々読んでいるのになぜか今)と思いネットで検索していたら、このブログに出会いました。

何だか運命的なものを感じてしまって(大げさ)トラックバック記事を書くことにしました。
と言っても 小説の感想を書くトラバではないので、何の役にも立たないであろう大昔の私のシューカツを書くことにします。

  1. 一つ目の会社
    私は社会学部社会学科、密かにマスコミに憧れていて、ラジオのベンチレポーター(プロ野球)に応募したこともあった(書類審査のみ合格・ラジオなのに綺麗な人ばかりだった)が、就職は到底無理と最初からあきらめていた。
    そこでデパートも好きだったのでデパートをふたつ受けた。
    ひとつは一次で落ち、もうひとつは一次は通過したものの、二次で落ちてしまう。
    デパートもやっぱり周りは綺麗な人ばかりで少々落ち込む。

    就職部の先生と仲良くなれば得だよと誰かに聞いていたけど、私は第一印象が普通で地味なのか、そういう感じにはなれないなあと思っていた。
    でも何回か話をしているうちに「君はなかなか面白いね」ということになり

    ある一部上場企業を紹介してくれた。

    試験は1人別室で、監視についた総務課の人は答えを教えてくれたりもして、内心いいのか?と思いつつ、無事合格した。
    面接は、あったはずだけど、まったく覚えていない。

    その監視の総務課の人は「君には入社式で新入社員代表の言葉を言ってもらいたい」なんて言っていたのに、私が紹介した友達が入社試験を受け受かったら、あっさりその子に変わっていてびっくり。

    別に代表の言葉を言いたいわけではないけど、一言言って欲しかったわ。
    まあ、考えてみたら私が就職を紹介するのも変だったかもしれないけど。
    でもその総務課の人は不祥事を起こしてクビになってしまった!

    この時期はバブル真っ最中であり、なおかつ私は営業部にいたので、オイシイ思いをたくさんさせてもらう(楽しかった!)。

    そしてたくさんのお祝いをいただいてめでたく寿退社をする。

  2. 二つ目の会社
    が、しかし、人生何が起きるか分からないのは本当で
    寿なんてとんでもない。
    婚約破棄となってしまい、お祝いを返すわけにも行かず、悶々とした日々を過ごしたのち、やっぱり働かなくちゃいけないと、運送会社にアルバイトに行く。
    雰囲気が合わず、一週間で辞めさせてもらうことに。

    今度は住宅メーカーにアルバイトへ。
    ここではアルバイトから社員にしていただくことができ、仕事も面白く、充実した日々を過ごす。
    今の旦那様と出会い大恋愛の末、2回目の寿退社をすることとなる。

    仕事はとても面白く、辞めたくはなかったけど、その頃はまだ総合職はなく、女性がいくら頑張っても偉くはなれないと聞き(偉くなりたいわけではなかったけど一応上司に聞いてみた)、さらに社内結婚したら、会社はやめなさいね(みたいな決まりがあったのかどうか定かではない)辞めないといけないのかな?という感じだったと記憶している。

  3. そして今
    19年の専業主婦を経てパートに出ようと一大決心をしたものの、たくさん面接をしてたくさん断られた!
    どーんと落ち込んだが、負けないぞと思っていたら、雇ってくれる所が見つかり、楽しく働くことができた。
    ブログにも書いているけれど諸事情あって今は辞めている。
    それでもまた戻ってきて欲しいと言ってくれる人もいて、働きに出て良かったと今は心から思っている。

私は手に職はないけれど、いわゆる一般事務が好きだから、焦ることはなかったです。

色々な職種があり、色々な作業があります。
大きな取引も、お茶出しやコピー取りも、仕事の大きさや影響力に違いはあっても、無駄な仕事というのは一つもないと思っています。

自分が今やっていることを責任を持ってやり遂げることが大切だと思ってやって来ました。
それは主婦であっても同じです。

今やりたいことがなくても、これから見つかるかもしれなくて
ずっと探し続けても見つからないかもしれないけど、それでも自分が今いる場所で頑張れたらそれでいいと思う。

自分の足でしっかり立ち、前を向いて歩く。
そして間違ったらやり直す勇気を持つことが大切だと思う。

ああ、なんて抽象的なのかしら。

だけどもっと言ってしまいます。

自分に自信を持って欲しいなあと思う。
あなたが今いることにはちゃんと意味があるのだから。

「生きている」という意味が。

頑張れ若者。

ということで、シューカツブログにトラックバックします。

シューカツ!(石田衣良)トラックバックキャンペーン実施中

« いい夫婦の日 | トップページ | 29歳のクリスマス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: わたしの就職活動奮闘記:

« いい夫婦の日 | トップページ | 29歳のクリスマス »