2007/09/19

何か変なの

実家にみんなで集まった時、姪が「私、麻生派なんだけど、誰かいない?」って言って、「チカチビも麻生派だよ」なんて、そういう会話があったのだけど、気がつけばテレビでは自民党総裁選のことばっかり。

それも、安倍首相が退任したのは安倍さんだけが悪いわけじゃないのに、自民党の責任だっていっぱいあると思うのに、今の感じって、そういうの、抜きになっているみたい。

私は福田さんのひょうひょうとした感じが好きだなって思っていたけど、話し合うことがたくさんあったはずの国会が、自民党のおかげで中断しちゃっているのに、内閣が新しくなって、膨大なお金(税金?)が無駄になってしまっているのに、街頭で演説したり、テレビに出演したりって、何だか変。

今は自民党の総裁=首相なのだから仕方ないのかもしれないけど、総裁選を報道しても、それと同じくらい自民党の罪と罰!みたいなことももっと報道すればいいのになって思う。

こんなに毎日自民党自民党って言ってたら、やっぱり自民党か、ってみんな思っちゃうかも。


変だ変だって思っていたら、昨日の夕刊を読んでもっともっと分からなくなってきた。

私は安倍さんって、強引に色々な法案を成立させてちょっとやだなあって思っていたのだけど、安倍さんのやったこと、『教育基本法改正案を国会で成立させたこと』や『国民投票についての法を整えたりしたこと』は、『今後の日本にとってのレールを敷いたこと』になるから、『非常に評価できる』と書いてあった。

そうか、そう言われるとそう思うのだけど、同時に、安倍さんがやめたのは、『健康問題』でにっちもさっちも行かなくなったから、みたいに書いてあったのだけど、それなら、少し入院してもいいから、体調を整えてまた復帰、みたいなことは出来なかったのかなあ。
それも無理だったのかな。

そんなに大事なことをやっていたのなら、自民党みんなで盛り立ててあげたらよかったのにね。

何も、国会が始まって、所信表明をした次の日に「やめます」って言うなんて、最低最悪の時期だから、やっぱり変だと思う。

そうしたら、同じ紙面に、安倍さんは明治からの官僚内閣制をなくそうとしたから、反発がすごくて、政治資金のスキャンダルは官僚にやられたんだって書いてあった。
それとマスコミにも。

ことが起こった時の対応はよくなかったかもしれないけど、政治家ってお金とは切っても切れない仲じゃないかなあって思うから、みんな叩けば埃は出てくると思う。

私達一般人だって、人に言えないようなことは一つや二つはあるかもしれない。

だからああも次々とスキャンダルが発覚するのは変だなあって思っていたから、そうなのか?って思ってしまう。

でも、もしそれが本当なら、やっぱりすごく変だ。
それに怖い。

何も新しいことは出来ないってことだよね。
それが日本のためにいいことでも。


日本の将来はどうなって行くのだろう。

それに、一体何が本当なのかな。
新聞を読んでも分からない。

分からないなりにお友達とも議論を交わすことがあるのだけど、「こんなとこで言っててもだめよね、政治家にならないと。でも簡単にはなれないよね」っていう話になっちゃう。

そうしたら、また同じ紙面に書いてあった。
『世襲は悪である』って。

世襲議員は135人もいるって書いてあって、麻生さんが大久保利通の玄孫(孫の孫)だったなんて、知らなかった。

『世襲家は所得が高い。所得が高いと、高額な教育費があるから、学力が保証される。』
『生まれ、身分、階級、富とは関係なく、平等な教育を受け、その「学力に基づく業績」で世間から評価されるのが先進国、でも今の日本は違う』って書いてあって、これは本当にそうだと思う。

教育とか医療ってお金持ちとかそういうのに関係なく、平等に受けられたらいいと思う。

変なことばっかりだし、よく分からないことも多いけど、とにかく私は私の家族を守って、私のできることをしようと思う。

2005/01/17

阪神淡路大震災から10年

今朝5時46分、私も黙祷しました。

あの日の朝の事は、今でもよく覚えています。私は今のこの家で、今朝と同じように、対面式のキッチンで朝食の支度をしながら、テレビのNHKのニュースを見ていました。「関西方面で大きな地震がありました」最初はふーん、地震かぁ、って感じでしたが、次に、高速道路が倒れている映像が流れた時は、一瞬目を疑いました。本当にびっくり、これは大変だって思いました。まず近くに住んでいる母に電話をしました。私の父は大阪、母は和歌山と、関西出身です。親戚の人達の顔が頭を過ぎりました。
次々にテレビで写し出される映像にもう言葉もありません。

幸いにして親戚、知人には何事もなく(神戸に住む遠い親戚には自宅に影響もあったようですが)まずは胸を撫で下ろすことになりました。

神戸には2度旅行に行っていました。とても好きな所で、また何回も行きたいと思っていました。あの場所が、あの場所も、って思いました。そして、当時、次男はミルクを飲んでいる0歳児でしたから、もう怖くて怖くて、もし、私たちの住む場所で大地震が起こったら、私はこの子を守ってやれるのだろうか、と、とにかく不安でした。
そして、今日1月17日は、3歳違いの私の叔母の誕生日でもあり、何の被害にも遭っていない私にとっても、忘れることの出来ない日なのです。

1月14日夜、NHKの「人間ドキュメント」という番組で阪神淡路大震災のことをやっていました。たまたまつけただけなのですが、見入ってしまいました。今だ孤独死する人が後を断たず、しかもそれが50歳代の方達だと言うのです。震災で仕事を失い、生きる気力をも失い、アル中になってしまった人達。肝臓が腫れていても、病院にも行かず、ただ酒を飲み、死ぬために生きている人達。10年経っても。

昨日、昼間の番組で、「大地震は必ず起こる。でも震災は少しでも防ぐ事が出来る」と言っていました。大地震が起きても、家具の下敷きにならないように、家具を固定する。火事が起きないように、元を止める。今出来る事を少しでも、そして、地震に遭ってしまった時、どう行動するか。私達は自分達の命が助かるように、自分自身で行動して行かなければならないのです。

そういう我が家の1階は、柱も壁も少なく、窓が大きいので、危険度いっぱいです。旦那様に、玄関が安全だから、玄関に行くように言われています。車庫には、キャンプ用品が全部揃っているので、命さえ助かれば、何とか生き延びる事は出来るだろう、と。でも、一番頼りになる旦那様は横浜にいます。みんなが揃っているときに地震が起きるとは限らないから、一人で居る事の多い私は一番不安です。でも、何時間、何日かかっても、「必ず、帰って来るから」と言ってくれている旦那様を信じて、私はここで頑張る覚悟は出来ています。

2005/01/07

ツナミ

スマトラ沖地震のニュースで、海外のメディアの言う「ツナミ」という言葉をもう何十回と聞いた。向こうでは津波という意味の言葉はないのだと聞いた覚えがある(一応和英で調べてみたらwaveとはあったけれど)。となると、災害は忘れた頃に…ではなく全く見た事も聞いた事もないツナミで恐ろしい被害に遭ったのだから堪らない。日本に同様の津波が来たら日本はなくなってしまうのではないかと思うほど怖い。

今こそ戦争なんてやめて、戦争に向けている力をすべて被災地に向けるべきだと思う。地球的規模の災害と言われているのだから。この先伝染病が蔓延して行き、地球全体に広がらないと誰が保障出来るだろう。アメリカは絶対大丈夫って思っているのだろうか。今やらなければ。

日本でもかつて国内で戦争をしていた時代があった。昨年初めて大河ドラマ「新選組」を見た子供達。次男は自分の好きな剣士が死んでしまう時涙を流していた。「こんなに若く死んじゃうの?」人の死は小さな心も動かすのだ。
そういう時代があって今の私達がいるのだから、戦争に意味がないとは言えないけれど。

でも今は。